夫の浮気調査

夫の浮気調査は探偵社・興信所の無料相談・見積もり依頼窓口

このページでは、夫・旦那の浮気調査で定評のある探偵社・興信所を、これまでの解決実績からなる信頼度、料金体系や調査員の対応による安心感、夫の浮気相談者の感想や評判などから総合的に評価した1~5位のランキングを紹介しています。各リンク先の探偵事務所公式サイトにて、電話やメールによる無料相談・見積もり依頼を24時間36日受け付けていますので緊急時にも安心です。

さくら幸子探偵事務所

夫 浮気 調査 見積もり

≪選ばれるポイント≫
◎創業30年以上の大手探偵事務所
◎熟練の女性カウンセラーが対応
◎相談実績10万件・満足度98.3%

○証拠写真の平均枚数200枚以上
○警察OB・弁護士のサポート体制
○メール相談は1分の簡単入力
夫 浮気 調査 見積もり

 

原一探偵事務所

夫 浮気 調査 依頼

≪選ばれるポイント≫
◎日本最大級の調査員数で全国対応
◎県庁に紹介される唯一の探偵事務所
◎調査歴40年超で10万件以上の事例あり

○証拠が取れる探偵社と弁護士が推薦
○急を要する場合の当日調査が可能
○テレビ番組への協力実績が豊富
夫 浮気 調査 依頼

 

響エージェント

夫 浮気 調査

≪選ばれるポイント≫
◎弁護士が運営する探偵社(興信所)
◎調査成功率95%以上の実績・調査力
◎調査費用は業界低水準だから安心

○裁判で有利な弁護士監修調査報告書
○急な調査依頼・即日対応も可能
○国内に4拠点あり全国の調査に対応
夫 浮気 調査

 

AMUSE(アムス)

夫の浮気調査 探偵

≪選ばれるポイント≫
◎証拠が出なければ調査費用全額無料
◎調査員1名1時間7,500円~
◎調査員は10年以上のベテラン

○海外(国外)での調査も可能
○24時間受付・全国対応
○信頼の法人経営
夫の浮気調査 探偵

 

イズム興信所(ISM)

夫の浮気調査 興信所

≪選ばれるポイント≫
◎関東地域から全国ネットワーク
◎裁判用の証拠収集に特化
◎分かりやすい料金体系

○相談員は夫婦カウンセラー資格保持者
○顧問相談によるアフターサポートあり
○海外の調査も対応可能
夫の浮気調査 興信所

 

 

探偵事務所には夫の浮気調査をしてみたいという方の問い合わせがたくさん寄せられています。旦那の浮気チェックに興味があると答える方はかなり多く、携帯やスマートフォン(スマホ)をよく触っている、着信音を消すようになった、画面にロックがかかっている、急に身だしなみに気を使うようになった、外出が増えたなどは定番のチェック項目になっています。少しでも浮気してるかもと思いだすとすべての行動が怪しく感じてしまいますよね。中には浮気や不倫の事実がなかったのに、相手を疑ってしまい夫婦関係に亀裂が走ってしまう場合もあります。

 

興信所の不倫調査ではただ浮気の有無を確認したいという方の依頼も受け付けています。何もなければそれだけで安心できますし、もし交際相手がいればさらにしっかりとした夫の浮気調査を依頼することも可能です。興信所には浮気されてるなら離婚したいという方、できれば関係を修復して自分のところへ戻ってきてほしいと考える方も相談しています。最近の探偵社では夫婦の問題に強いカウンセラーやアドバイザーが所属している場合もあるので活用してください。

 

夫の浮気調査にかかる費用は簡易的なもので3時間8万円程度が相場になっています。ただし具体的な値段に関しては個々のケースによって全く異なるため、上記の数字はあくまで予算の目安と考え、実際には料金の見積もりを取ることが必要です。メールや電話での無料相談を終えた後は見積りを出してもらうことが可能です。自分がどこまで調べたいのか、また調査完了後はどうしたいのかなどを探偵に伝えてくださいね。

 

浮気調べに強い興信所では最終的に旦那と交際相手との間に肉体関係、いわゆる不貞行為があることを突き止め、証拠として写真や動画を撮影します。入手した証拠は資料にまとめてもらうことができるので離婚裁判や調停、示談はもちろん、相手への慰謝料請求に活用することもできます。もちろん夫の彼女と別れさせたいという方にも証拠はとても有効的です。一人で悩んでいるという方は一度アドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

 

「夫の浮気調査」関連情報

 

▼旦那(夫)の素行調査について

 

▼離婚したい女性におすすめの夫の浮気調査

 

▼浮気調査を有利に進める弁護士・法律事務所の活用法

 

▼旦那・夫が浮気した場合の慰謝料について

 

▼慰謝料請求に有効的な夫の浮気調査について

 

▼離婚調停・協議離婚での浮気の慰謝料について

 

▼夫の浮気(不貞行為)の慰謝料の判例について

 

▼夫の浮気の慰謝料の時効・請求期限について

 

▼GPS追跡による夫の浮気調査について

 

▼夫の浮気調査方法や調査報告書ほか料金・費用の相場について

 

▼探偵社や興信所の選び方・比較方法(口コミ評判・大手有名)

 

▼探偵事務所と興信所の違い(依頼内容など)について

 

▼興信所・探偵事務所との契約書や契約解除について

 

▼探偵業法と別れさせ屋について

 

▼法的根拠を持つ夫の浮気証拠の種類とは?

 

 

旦那(夫)の素行調査について

 

旦那が友人とよく出かけているので何をしているのか知りたい、会社での評判がどうなっているのか気になっている、残業や出張、休日出勤が多いけれど本当かどうか知りたい、旦那が同窓会に参加するので様子を探って欲しいという方に活用されているのが素行調査です。自分の知らない夫の行動や素顔を知りたい時にとても役立つ調査になっており、ご主人の行動を把握しておきたいという方や浮気を疑っている方によく利用されています。

 

素行調査は調査対象者を尾行したり、また張り込み、聞き込みをしてどんな行動をしているのか記録します。旦那を調べたいという方ですと仕事が終わった後何をしているのか、また妊娠や出産、入院、旅行などで家を空けるときにどんな風に過ごしているのか知りたいという方が多いです。

 

一番多いのは不倫を疑っている方で、こそこそと何かをしているから突き止めたい、浮気をしているなら不貞行為の証拠を収集したいという方に活用されています。素行調査では最終的な目的に合わせさまざまなことを調べてもらうことが可能です。お小遣いで何を買っているのか、何処へ食事に行っているのか、この他交友関係や同僚との関係などを調べることもできますよ。自分の知らない裏の顔が無いか、また秘密にしていることはないか、嘘をついていることはないか確認することが可能です。

 

↑総合ランキングに戻る

 

 

離婚したい女性におすすめの夫の浮気調査

 

離婚するには理由が要ります。特に別れる原因が無いのに、意味もなく妻もしくは夫の都合だけで離婚することはできません。話し合いで別れる場合は、お互いが同意できれば協議離婚が成立しますが、性格の不一致や性の不一致、またこの他に夫婦間のトラブルを抱えていたケースではなかなか簡単に別れることができない場合が多いです。

 

では離婚する方法にはどのようなものがあるのかといいますと、旦那が不倫をしているというケースです。たとえば夫の浮気調査を利用することで不貞行為の証拠を入手できれば、これはもちろん立派な離婚事由になります。夫の浮気調査については離婚したいと考えている方にとても有効的な方法になっています。

 

ただし夫の浮気調査で入手した別居後の浮気情報については、すでに夫婦関係が破綻していると考えられるため注意が必要です。そのため調停や裁判を有利に進めるには少しでも早く、相手有責になる証拠を収集することが必要になります。特に慰謝料請求を考えている方にとっては証拠の有無はとても重要になっていますよ。

 

このような情報収集は探偵事務所を頼り、相手に別れたいと思っている事、そして浮気をしていると疑っている事がばれないように調べることがベストです。探偵会社ではうまく別れたいという方のためのサポートを行っています。浮気が原因はもちろん、暴力やモラハラ、嫁姑問題、不仲、経済的DVや借金など様々な悩みを抱える方がたくさん相談していますから活用してくださいね。

 

↑総合ランキングに戻る

 

 

浮気調査を有利に進める弁護士・法律事務所の活用法

 

最近の法律事務所では離婚方法の相談を受け付けています。特に妻や夫から暴力、経済的DV、浮気されたなど相手の有責で別れたい場合によく利用されています。離婚の仕方についてのアドバイスや法的な手続きをサポートしてくれる弁護士ですが、証拠収集に動いてくれることはまずありません。たとえば浮気相手に内容証明を送るためには最低でも相手の氏名と居住地が特定されている必要があります。さらにそのような手続きを取るにはご主人や奥さんとその相手の間に不貞行為があった、違法行為があったとはっきり分かる証拠が必要になります。もちろん離婚についても相手の浮気・不倫で別れる場合は不貞行為の証拠が必要です。

 

探偵事務所などを頼りプロによる浮気調査を利用することが一番スムーズに証拠を集める方法になります。東京の場合、新宿、銀座、池袋、渋谷、東京などで探偵社を見つけることが可能です。もちろんこの他にもJR山手線、総武線、埼京線、湘南新宿ライン、中央線、京浜東北線、東京メトロ線、都営地下鉄線、東急線、小田急線、京急線、西武線、東武線、京王線などの各主要駅などで相談室などが展開されていますし、また希望があれば自宅や最寄り駅、指定の場所へ出張してもらう事も可能です。調査対象エリアについても八王子、立川、武蔵野、町田など都内全域もちろん首都圏・関東、そして大手では日本全国をカバーしていますよ。

 

探偵の浮気調査は男女の関係がある証拠そして交際相手の氏名や住所などを入手するのが目的になります。探偵の不倫調査で集めた証拠があれば法律の専門家にスムーズに動いてもらうことができます。また興信所などから信頼できる弁護士を紹介してもらうこともできます。自分で証拠を収集し、資料にまとめそこから弁護士を探すのはとても大変なことですが、最近ではこのような離婚相談サービスが利用できる調査会社というのも増えてきており、専業主婦の方や知識が無い方もスムーズに話を進めることができます。どなたでもメールやフリーダイアルを利用して話を聞いてもらうことができるので、気軽に悩みを打ち明けてみてくださいね。

 

↑総合ランキングに戻る

 

 

旦那・夫が浮気した場合の慰謝料について

 

旦那が浮気をした時に浮気慰謝料は絶対に貰えると思っている方は多いです。しかし実際にはこれは間違いで、損害賠償を受け取れないケースというのもあるため注意が必要です。もし夫が怪しいと感じている方は準備をすることから考え、間違ってもすぐにご主人を責めてしまうようなことはしないでくださいね。

 

浮気慰謝料が貰えないケースについて紹介します。まず旦那が浮気をしたと分かった以前に夫婦関係が破綻していた場合です。例えば別居をしていた、また一緒に住んでいても家庭内で不和が続いており、浮気が無くても夫婦関係に亀裂があったケース、この他交際相手が既婚者だとまったく知らずに付き合っていた、また知るすべが無かったケース、そして一番注意したいのが口頭でも浮気を許すような発言をしていたケースです。例えば浮気を責めた時に口論になったものの、もうしないと言われてしまい許してしまったという方はかなり多く、このような場合は相手と和解したとみなされ後になってやっぱりお金が欲しいということができなくなります。

 

旦那への浮気慰謝料を確実に手に入れるには、不貞行為の証拠の有無が最も重要です。まだ証拠が無いのに相手を責めてしまうのは得策ではありません。さらに自己判断で動くのではなく専門家からアドバイスを得ることによりお金を貰いやすくなります。交際相手にも損害賠償を請求したい場合はそれなりの準備が必要になるので、急に乗り込む、電話をかけるといったようなことは避けてくださいね。

 

↑総合ランキングに戻る

 

 

慰謝料請求に有効的な夫の浮気調査について

 

夫に浮気されたらまず利用しておきたいのが夫の浮気調査です。浮気されているかもと感じた時に、無理に携帯やスマートフォンのメールや画像をチェックしたり、その場で浮気をしていると問い詰めることは厳禁です。慰謝料が欲しい場合はできるだけばれずに証拠をたくさん集めることがポイントになります。

 

夫が浮気したら絶対に許さないという人もいますし、相手と別れてくれるなら許すという方もいます。しかしどちらの場合も不貞行為の慰謝料請求の準備だけはしておいて損はありません。夫の浮気調査を利用して、旦那と交際相手の間に肉体関係があるという証拠を手に入れておけばいざというときに武器になってくれます。

 

夫の浮気調査は探偵事務所を利用して行うことになります。もちろん自分でも浮気チェックをして調べることはできますが、やはり確実な証拠を手に入れるには探偵を頼ることがベストです。不倫調べではご主人の素行調査を基本に、誰かと会っていないかまた交際相手はどこの誰なのか身元を特定します。また悪質さを証明するためにさまざまな情報も収集します。受けた精神的苦痛が大きいほど損害賠償はたくさん認められることになりますよ。

 

特に浮気相手の氏名や住所を入手することは慰謝料請求にあたりとても重要になっています。弁護士から内容証明を送付するにも相手の名前や自宅また職場などが分かっていないと手紙を送ることはできません。このあたりの情報収集は自己流ではかなり難易度が上がってしまうため、失敗しない為にはやはり探偵会社を頼ることが無難です。

 

↑総合ランキングに戻る

 

 

離婚調停・協議離婚での浮気の慰謝料について

 

配偶者の不貞行為が原因で離婚をすることになった場合は、浮気慰謝料を請求しお金を受け取ることができます。婚姻を解消するための手順は第一に話し合いです。個人間の話し合いのみで解決することを協議離婚といいますが、手続きは一番簡単でなおかつスピーディーです。相手が話し合いに応じれば損害賠償の請求はもちろん、子供の養育費なども求めることが可能です。

 

次に個人の話し合いだけでは上手くまとまらない時に利用できるのが裁判所をはさむ離婚調停です。調停は別れると決まったものの、浮気慰謝料や養育費、財産分与の金額でもめてしまう場合、また子供の親権争いなどがある場合に利用されています。調停は家庭裁判所に申立てをする必要があり、当人同士で話し合うのが難しい場合は弁護士を頼る方がほとんどです。

 

そして最後に離婚裁判(審判離婚)です。これは裁判所に判決をゆだねるケースで、調停がまとまらない場合にのみ利用することができます。ただし裁判にまで進んでしまうと浮気慰謝料を希望額満額で貰うことができない可能性が高いため、できるだけ多いお金をすぐに貰いたいという場合は専門家を頼り、相手と示談(和解)を目指すことがベストです。ただし浮気の証拠がしっかりと揃っており、配偶者や妻や夫の交際相手が悪質だと判断されるようであれば金額には期待できます。少しでも自分の優位に話を進めるには、周りからのサポートを受けいつでも冷静でいることが大切です。

 

↑総合ランキングに戻る

 

 

夫の浮気(不貞行為)の慰謝料の判例について

 

浮気慰謝料はこれまでの判例を元に考えられることになります。特に調停や裁判ではこれまで下された判決を目安にお金の額が決まります。ですから自分自身では大きな損害を受けたと大きな額でお金を請求しても、満額が支払われない可能性の方が高くなります。もし損害を請求する場合は今までのケースを参考に、不貞行為をした妻や夫、そしてその相手が支払いに同意するようなラインで金額を決めることがベストです。

 

浮気慰謝料についての判例ではやはり浮気をされていた期間が長ければ長いほど金額が大きくなる傾向にあります。ただしこれは夫婦関係が円満であったにも関わらず裏切り行為があったケースになります。20年間同僚と浮気をしていたという事例ですと、最終的に別居にとどまったものの慰謝料は300万円となっています。またこの他交際のためにお金を使いこみ、また借金をしていたというケースですと配偶者が変わりに返済をしていたため2年の交際で500万円というケースもあります。

 

このように判例を見てみると個々の事情によってかなり浮気慰謝料に違いがあることが分かります。重要視されるポイントは浮気前の夫婦関係と婚姻期間、そして交際が婚姻の破綻に与えた影響の大きさ、加害者二人の資産や収入、社会的な地位、この他浮気がどの程度悪質だったかなどです。損害賠償を請求する時は高すぎても安すぎても不利になってしまうものですから、このような事を判断し自分が納得でき、なおかつ相手が払えるような範囲で金額を決めなくてはいけません。

 

↑総合ランキングに戻る

 

 

夫の浮気の慰謝料の時効・請求期限について

 

浮気慰謝料はいつまでも請求できるわけではありません。時効があることを知らなかったという方は多く、何年か後に賠償を求めようとすると請求期限が過ぎていたというケースはかなり多いです。特に妊娠中に浮気をされていることを知ったものの、子どもがかわいそうだからと心にとどめていたケースでは3年を過ぎてしまうと時効になり、後からお金を求めることができないというトラブルが多くなっています。

 

浮気慰謝料はいつまで請求できるのかといいますと、被害者(浮気をされた人)が不貞行為を知った時から3年間になります。また浮気があった時から時間がたち、後で知ったという場合については裏切り行為があった時から20年が時効になっています。そのため上記にあるように浮気があると知った日から3年以上経過している場合は権利を放棄したとみなされてしまいますが、裏切り行為を知らず、過去にそのような事があったと15年後に知った場合は、たとえ過去の事でもまだ請求権があるというわけです。

 

浮気慰謝料を求めるには証拠が必要になりますが、中には配偶者が誰かと交際しているものの、どこの誰なのか名前や住所が分からないということもあります。そのような場合は相手への期限はカウントされず、素性が分かった時点から計算されることになります。また浮気が5年以上継続している場合などについては3年間分の権利は消滅しますが、残り2年分についてはまだ権利が継続しています。自分のケースについてはどうなるのかということは専門家に相談するのがベストです。

 

↑総合ランキングに戻る

 

 

GPS追跡による夫の浮気調査について

 

夫の浮気調査で利用されるGPSは素行を調べるときにとても役立ちます。ジーピーエスとは衛星を使い位置情報を確認できるシステムのことで、携帯電話やスマートフォン、カーナビなどにも利用されています。この装置を用いることで旦那がどこへ行っているのか追跡することが可能になります。

 

たとえば夫の浮気調査では休日出勤だと言っていたのに、GPSで足取りを確認すると、会社ではなくデートスポットや観光地を利用していたということが分かりますし、中にはラブホテルで過ごしていたというケースもあります。ただし位置情報だけでは不貞行為の証拠にはならない為、ラブホを利用している事が判明した時点で調査員を派遣するなど工夫が必要です。

 

最近では探偵事務所からプロが使う本格的なGPS機器を有料でレンタルできます。まずは自分で浮気調査をしてみたいという方に活用されており、スマホやパソコンなどから情報がチェックできるようなタイプは手軽で便利です。貸出に対応している探偵会社は一部になっているので気になる方はぜひ一度問い合わせをしてみてくださいね。

 

夫の浮気調査でGPSを使う時の注意点は、たとえば旦那名義の車両に探偵が機械を取り付けるということができないところです。違法に入手した証拠は裁判では使うことができない為、なんでもできると簡単に答えるような探偵会社には注意してくださいね。浮気調べに興味のある方は一度無料相談を利用して、実際に話を聞いてみるのがおすすめです。

 

↑総合ランキングに戻る

 

 

夫の浮気調査方法や調査報告書ほか料金・費用の相場について

 

調べたいことや確認したいことがある時に頼れる探偵事務所ですが、どんな調べ方をするのか気になりますよね。依頼する内容によって多少違いはあるものの、まず情報を収集することが一番の基本になります。

 

調査対象者を尾行したり、張り込みをしてどんな行動をしているのか、どんな人物と会っているのかなどを確認します。また行方が分からない人を探す時にも情報を集めることがとても大切です。追跡、張込、聞き込みは簡単なようでスキルを持った探偵にしかできない調査方法です。

 

この他には、特殊な機材を用いた調査方法を導入している探偵事務所もあります。特に有名なのがGPSで、衛星を利用して居場所や行き先などを調べることができます。ジーピーエスがあればどこへ出かけているのか、どのくらい滞在していたのかということも調べることが可能です。この他盗聴器の発見など一般ではなかなか使うことのできない機械を使って希望の調査を行ってもらうことができますよ。

 

完了後は調べた内容を調査報告書にまとめてもらうことができます。特に浮気や不倫で離婚や慰謝料請求を考えている方は証拠として使うこともできます。もちろん優良な探偵事務所は法律違反をするような調査方法は行いません。

 

また、費用については正直なところ各興信所によって料金体系が異なり、依頼内容によっても大きく差が出るため相場は算出しずらい業界です。しかしながら、下記リンク先に掲載されているような探偵社であれば、事前に料金の見積もりを取ることができるので安心です。相談はいつでも無料で行えるので時間を惜しまず、各社見積もりを取られることをおすすめします。

 

↑総合ランキングに戻る

 

 

探偵社や興信所の選び方・比較方法(口コミ評判・大手有名)

 

探偵事務所の選び方では信頼できるかどうかを一番重要視したいものです。「ネットで検索をすると絶対に解決します!なんでも調べられます!!」といった案内を見かけることがありますが、そのような探偵はあまりおすすめしていません。どんなことも100%大丈夫だと言いきれることはありません。ご自身のケースによっては調査の成功率が低くなる場合もあります。そのような時に絶対に大丈夫だという探偵よりも、調査の難しさについてしっかり説明してくれる探偵のほうが安心です。

 

次に選び方として大切なことは調査力です。いくら対応がよくても調査力が低いとせっかく探偵社に依頼する意味が無くなってしまいます。例えば全国規模で調査に対応していたり、調査員の数や機材がとても充実している場合、24時間体制で問い合わせを受け付けており、スピーディーに対応している事業所、そして何よりも経験や実績をつんだ会社はたくさんの方が依頼を寄せる優良調査会社になっています。どんな探偵事務所を選べばいいのか迷うという場合は、大手有名興信所などから問い合わせをしてみるのもおすすめです。

 

焦って選び方を間違えてしまうと思わぬトラブルが起きてしまうこともあります。口コミでは24時間など営業時間や対応時間が長く、また無料相談に対応している事務所は評判がよくなっています。探偵に話を聞いた後に不安が残る場合は、別の探偵事務所から見積もりを貰って比較することもできるので安心してくださいね。

 

↑総合ランキングに戻る

 

 

探偵事務所と興信所の違い(依頼内容など)について

 

何か調べ物をしたい時に雇うことができる探偵ですが、いわゆる探偵事務所と興信所との違いはなんだろうと疑問に思う方は多いです。特に婚約者本人や両親、親族など家系などを調べる婚前調査や、彼氏や彼女など恋人の身の上調査など結婚に関する調査は興信所で調べられるというイメージをお持ちの方は多いですが、これらの調査はもちろん探偵事務所でも対応しています。

 

基本的にはどちらも家出人探しや行方、素性、身元、素行、行動、不倫や浮気調査などさまざまな事を調べてもらうことができ、特に業務内容に興信所との違いがあるわけではありません。もちろん調べ方が違う、料金が違うというのは個々の事業所によって変わるので探偵事務所だから高いということはありません。対応している調査内容や費用については事前に無料相談などを利用して確認することもできますよ。

 

興信所との違いというよりも、その探偵事務所が何を得意としているのかと聞いてみることがポイントです。依頼内容によって得意不得意というものはどの探偵会社にもあることですから、まずは問い合わせをして実際に話を聞いてみるのが安心です。どんな調査を依頼すればいいのか分からない場合はアドバイスを受けることもできますよ。

 

↑総合ランキングに戻る

 

 

興信所・探偵事務所との契約書や契約解除について

 

探偵事務所と契約を結ぶ時に注意したいのが契約書の内容です。悪質な探偵とのトラブルを避けるためには書類の内容をしっかり確認し、不透明な部分が無いかじっくり考えることが大切です。また調査の途中で契約解除したい場合や、調査が失敗してしまった時の取扱、そして特に期間を設けず人探しを行う場合などの費用について細かく確認しなくてはいけません。

 

まず契約書を確認する時はあいまいな記載が無いかどうかチェックをします。例えば1日あたり8時間以内で調査を行うという場合ですと、1時間であっても8時間であっても該当してしまうことになります。このような時は1日あたりの調査時間や調査員の数がはっきりとわかるような書き方をされているかが重要です。数字だけに着目してしまうと悪徳な事業所に騙されてしまう場合もあるので注意してくださいね。

 

契約書を交わす時に最も重要なのは、内容をご自身が理解して納得できるかということです。細かく調査内容について記載されている場合もあれば、シンプルで分かりやすい内容で書類が作られている場合もあります。様式は探偵事務所によって違いがあるため、中身をよく確認し、分からない所はしっかりと説明してもらえるかどうかが大切です。コミュニケーションがとりやすい探偵事務所を選ぶことが問題解決の近道になりますよ。

 

↑総合ランキングに戻る

 

 

探偵業法と別れさせ屋について

 

別れさせ屋をご存知でしょうか。元交際相手と復縁したいので今付き合っている相手と別れさせて欲しい、元配偶者とよりを戻したいので浮気をするように工作してほしいなどの希望からそのような業者を頼る方がいます。このような事業者は探偵と名乗ることもありますが、まず探偵業を営むには探偵業法に基づき公安委員会に届出を出す必要があるため登録番号などが公開されていない業者は法律違反です。

 

便利屋などをしている人が業務の一部として探偵業に従事することもありますが、別れさせ工作を信頼することはあまりおすすめできるものではありません。仕組んで別れさせることは人の権利や利益を侵害する行為にあたるため、民法上の不法行為として考えることができます。不法行為の被害者は加害者に対し損害賠償請求が認められています。場合によっては依頼者自身が慰謝料請求の対象になることもあるのです。

 

探偵業法では犯罪目的や差別目的での調査行為はもちろん、人の生活の平穏を害する行為を禁止しています。もし別れさせ屋を名乗る業者が探偵としてふるまっていた場合探偵業法違反になる可能性が高いと考えてください。もしあなたが彼氏や彼女が浮気をしているので別れさせてほしい、妻や夫が不倫をしているので辞めさせたいと考えている場合は、正規の興信所や探偵事務所を利用して浮気調査をすることをおすすめします。工作屋などを利用するとときには詐欺や脅迫、強要などの犯罪行為に巻き込まれてしまうこともあるため注意してください。

 

↑総合ランキングに戻る

 

 

法的根拠を持つ夫の浮気証拠の種類とは?

 

結婚後の浮気について、慰謝料請求や離婚のためには法的根拠を持つ証拠を獲得する必要があります。法的根拠をもつ証拠とは「不貞行為を示すことのできる証拠」です。それでは実際にはどのような証拠が認められるのでしょうか。こちらでは3つの種類の例をご紹介します。

 

写真やビデオ

証拠として写真やビデオなどの「映像」が一番優れているといわれています。配偶者が浮気相手と一緒にラブホテルに何度も出入りしている瞬間は、「性行為(肉体関係)を推認できる証拠」となります。しかし浮気相手と2人きりでの旅行、浮気相手の部屋への出入りだけでは、肉体関係があることを立証するには不十分です。この場合肉体関係を裏付ける他の事実も必要になってきます。またデジカメの写真は証拠能力としては弱いと言われています。それは画像の編集修整が簡単にできるからです。そこでデジカメ写真の場合は年月日時分が入っていて、連続性があれば、効力を持つ証拠として認められることもあります。

 

録音テープ

夫婦の会話の中の配偶者が不貞行為の事実を認めるような発言を録音することで証拠となります。こちらもデジカメやICレコーダー等は編集・ねつ造が簡単にできるので、証拠としての効力は弱いといわれています。また、電話盗聴は通常話者の人権侵害となりますので証拠能力を否定されてしまいます。つまり証拠として使用できません。

 

電子メール・SNS

メールやSNSのやり取りで、配偶者の浮気が発覚するケースは年々増加しています。しかし残念ながらメールやSNSを見た、またはその内容を写真に撮ったというだけでは、配偶者と浮気相手が交際していたという事実は証明されても、不貞行為の証拠にはなりません。こちらでは「不貞行為」のみが法的に縛りある行為とみなされています。メールやSNSのやり取りでも、配偶者が不貞行為を認めた内容や明らかに肉体関係が認められるような内容は証拠となります。

 

↑総合ランキングに戻る