夫の浮気の慰謝料の時効・請求期限

夫の浮気の慰謝料の時効・請求期限について

浮気慰謝料はいつまでも請求できるわけではありません。時効があることを知らなかったという方は多く、何年か後に賠償を求めようとすると請求期限が過ぎていたというケースはかなり多いです。特に妊娠中に浮気をされていることを知ったものの、子どもがかわいそうだからと心にとどめていたケースでは3年を過ぎてしまうと時効になり、後からお金を求めることができないというトラブルが多くなっています。

 

浮気慰謝料はいつまで請求できるのかといいますと、被害者(浮気をされた人)が不貞行為を知った時から3年間になります。また浮気があった時から時間がたち、後で知ったという場合については裏切り行為があった時から20年が時効になっています。そのため上記にあるように浮気があると知った日から3年以上経過している場合は権利を放棄したとみなされてしまいますが、裏切り行為を知らず、過去にそのような事があったと15年後に知った場合は、たとえ過去の事でもまだ請求権があるというわけです。

 

浮気慰謝料を求めるには証拠が必要になりますが、中には配偶者が誰かと交際しているものの、どこの誰なのか名前や住所が分からないということもあります。そのような場合は相手への期限はカウントされず、素性が分かった時点から計算されることになります。また浮気が5年以上継続している場合などについては3年間分の権利は消滅しますが、残り2年分についてはまだ権利が継続しています。自分のケースについてはどうなるのかということは専門家に相談するのがベストです。

 

⇒夫の浮気調査無料相談・見積もり依頼窓口