離婚調停・協議離婚での浮気の慰謝料

離婚調停・協議離婚での浮気の慰謝料について

配偶者の不貞行為が原因で離婚をすることになった場合は、浮気慰謝料を請求しお金を受け取ることができます。婚姻を解消するための手順は第一に話し合いです。個人間の話し合いのみで解決することを協議離婚といいますが、手続きは一番簡単でなおかつスピーディーです。相手が話し合いに応じれば損害賠償の請求はもちろん、子供の養育費なども求めることが可能です。

 

次に個人の話し合いだけでは上手くまとまらない時に利用できるのが裁判所をはさむ離婚調停です。調停は別れると決まったものの、浮気慰謝料や養育費、財産分与の金額でもめてしまう場合、また子供の親権争いなどがある場合に利用されています。調停は家庭裁判所に申立てをする必要があり、当人同士で話し合うのが難しい場合は弁護士を頼る方がほとんどです。

 

そして最後に離婚裁判(審判離婚)です。これは裁判所に判決をゆだねるケースで、調停がまとまらない場合にのみ利用することができます。ただし裁判にまで進んでしまうと浮気慰謝料を希望額満額で貰うことができない可能性が高いため、できるだけ多いお金をすぐに貰いたいという場合は専門家を頼り、相手と示談(和解)を目指すことがベストです。ただし浮気の証拠がしっかりと揃っており、配偶者や妻や夫の交際相手が悪質だと判断されるようであれば金額には期待できます。少しでも自分の優位に話を進めるには、周りからのサポートを受けいつでも冷静でいることが大切です。

 

⇒夫の浮気調査無料相談・見積もり依頼窓口